お店と市販の違うところ

こんにちは! 名古屋市昭和区御器所のメンズサロン  トレサンパ オムの浅野です!

春になり新しい人と出会いがある時期になりました!

そんなとき身なりを整える為、白髪染めされる方も多いのではないでしょうか?

なので今回は白髪染めにおいてのサロンでする場合と市販のものでする場合のメリット・デメリットについてお伝えいたします!

ではまず市販のカラー剤のメリットって何?というところですね!!

 

・値段が安価

これが最初に来る方が多いのかなと思います。

・誰でも簡単に染めることができる

どんな人が使っても染まるように簡単に染めれるようなものになっています。

 

・臭くない

市販のものは臭いがあまりしないものを使用しているため染めている時の嫌悪感は少ないです

じゃあ次はデメリットは何か?

・ムラになりやすい

自分一人で染めれる分、後ろが見えずムラになりやすい

・洗面台が汚れる可能性がある

理美容室のシャンプー台のようにコーティングがしていないため汚れやすい

 

・髪のダメージが出る

市販のものでも1・2剤に分かれていますが2剤の強さが日本で決められた強さのMAXのためどうしてもダメージが出てしまいます

✳︎他にも1剤で使用されるアルカリ剤が市販のものは髪に残留しやすいものが成分で使われているため余計にダメージが出てしまい色の抜けが早くなる。

ではではサロンカラーのメリットって何??

 

・髪のダメージ度合いによって薬剤を使い分けることができる

 

髪の状態は全て同じというわけではありません。ダメージ度合いによって薬剤を使い分け髪への負担を減らすことができます

・お客様の希望色に染めることができる

 

市販の決まった色と違い数十種類の色から希望色を髪に合わせ配合し染めることができる。

 

・お客様に合った色かどうかの相談を理美容師にできる

そもそも染めたい仕上がりの色がお客様に合っているのかどうかを相談し決めることができる

これらやっぱり一番大事なんじゃないかなって思います。

お客様の骨格やなりたいイメージ、雰囲気に合わせて僕ら理美容師はお客様にカラーを提案してます。

なりたいイメージなどに必要なければ染めた方がいいですよなんて僕たちは言いませんし、

まして似合わない色や白髪染めで落ち着かせたい色にしたい方に明るくしましょうなんて提案したりはしません。

逆にサロンカラーのデメリットは何??

 

・時間がかかる

時間がない方にはすごくネックになるかと思います、、

 

・臭い

臭いに敏感な方はこれは死活問題ですね・・・。ですがこれは髪のダメージにつながる成分が揮発する(空気中に蒸発する)ために出るのでどこを優先するかになります!

 

・値段が市販のものよりも高い

多くの方がクーポンサイトを利用したり市販のものを使う理由がこれかと思います。

ざっとこんなもんでしょうか?

このブログを読んだ方がどちらの白髪染めのカラー剤を使った方がいいと思うのでしょうか??

どこを優先するかでそれぞれ価値観は違うと思いますがハゲたくないのであればハゲるリスクの少ない方を選ぶべきだと思います!

こちらからお気軽にご予約できます!